倖せのかたち

ゲームを中心とした趣味日記

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エリスルート進行中

ユースティア
毎晩1~2時間程度ですが進めてます

主人公もフルボイスなので超長編映画を観ているような感覚ですね


20130217_1.jpg
ルキウス卿という貴族様と繋がりを持つようになりました
このルキウス様の言動や思想がなかなかに素晴らしい
まぁ、心の中では何を考えているのか判りかねますが
果たして敵なのか味方なのか・・・・


20130219_2.jpg

で、現在エリスルートを進行中なんですけど
お話が・・・・暗い・・・・・重い・・・・・鬱だ

エリスとの重い関係だけでも、どうにもならない状況なのに
組織の置かれている状況もヤバくなってきているという
一刻も早くこのエリスルートを終わらせたい感じです

それからこのゲーム、18禁ですが
エッチなシーンよりも、人が死ぬグロい描写の方が強いですね
例えば仲間が対立している組織に捕まり、生きたまま返される
しかし10本の指は全てがあらぬ方向に曲がっていて
10本の足の指は全て潰されていて
鼻も耳も、目を閉じるまぶたさえも削ぎ落とされている
致命傷はひとつもない・・・・でも
人間って、まぶたを閉じられないと目が乾いて死ぬほど痛いんだそうです
それは、この時代、この世界においては、もう生きてはいけないという事
結局、仲間の手によって死なせて楽にしてあげなくてはならない

こんな描写がたくさん出てきます

20130219_1.jpg

| 穢翼のユースティア | 00:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エリスルートへ

エリス・フローラリア ルート 開始です

20130214_1.jpg

このゲームは基本的に一本道なのです
正史に向かう一本の太い道があり
途中で重要な選択肢を選ぶ事によって各個別ルートへ分岐します

シュタインズゲート的なものだと言えば解り易いかな?
Dメールを送信しなければ個別ルートへ
送信すれば正史(境界線上のシュタインズゲート)へ向けて進む

スタート

分岐→個別エンド(フィオネ)

分岐→個別エンド(エリス)

分岐→個別エンド(コレット)

分岐→個別エンド(ラヴィリア)

分岐→個別エンド(リシア)

真エンド(ユースティア)

こんな感じです


で、昨日までやっていたフィオネルートへの分岐から再開
別の選択肢を選ぶ事によりフィオネルートをスルー
先に進む事になります

フィオネとは悩みや痛みを分かち合い、共に死線を潜り抜け
築き上げた信頼関係の果てにお互い惹かれあい、結ばれ
そして生涯の伴侶として結婚して共に生きてゆく事を誓い合った

そんなフィオネとの関係を壊して先に進める選択をしなければならない
まぁ、仕方ないので選択しましたよ
そうしないと物語が進みませんからね

しかしこれがまた、何とも言えなく辛い‥‥‥
ただスルーしてフィオネと結ばれないだけならいいのです、が
なんとまぁ、フィオネに嫌われて軽蔑されることになろうとは‥‥‥
つい昨日、幸せの絶頂でエンディングを迎えただけに
昨日の今日でこの展開はなかなかきついっす

| 穢翼のユースティア | 00:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィオネルート終了

穢翼のユースティア
フィオネ・シルヴァリアルート終了しました

20130212_2.jpg

いやぁ、適度に緊迫した戦闘シーンもあったりで非常に面白かったです
このフィオネさん、誇り高き役人なんですが
真実を知り自らの意思で地位も名誉も理想も誇りも全てを失います
真っ直ぐすぎるというか・・・・その辺が魅力でもありますけどね

まぁ、最後は見事幸せを掴むわけですが
そのくだりに入ってからは読んでいてニヤニヤが止まりませんでした
ニヤニヤといっても変態なニヤニヤではなく
良かった・・・・本当に良かったよ・・・・幸せになれよぉ・・・・
という感じで読んでいて微笑ましく嬉しい気持ちにさせてもらえました

20130212_3.jpg


で、エンディング(スタッフロール)の後
タイトル画面に変化が

20130128_11.jpg
前はこんなタイトル画面でした


20130213_1.jpg
CG MODE、REPLAY MODE、MUSIC MODE
そしてAPPENDIXなる項目が追加

実はCG MODEあたりは探しても見当たらなかったので
かなーり残念に思っていたのですよ
なんだ、ちゃんとあるじゃないですかーよしよし


20130213_2.jpg
APPENDIXというのは、おまけの追加ストーリーみたいです
「浴槽と湯気」と「新婚の調理場」の2本が選択できます
この2本は、フィオネルートのその後のお話が読めるようになっています
文字が灰色のストーリーは今後他のルートをクリアする度に開放されていくのですね
このおまけは結構嬉しいかも


さて、引き続き2人目に行こうと思います
次は誰だ・・・・エリス?
oh・・・・あの病んでる女医か・・・

| 穢翼のユースティア | 00:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィオネ・シルヴァリア

穢翼のユースティア 進めてます
学園モノではないAVGって久々かも

ダークファンタジーという部類になるのかな?
ノーヴァス・アイテルという王国が舞台なのですが
そこに住む人々の苦悩や、やりきれない思い
複雑な心情などが繊細に描かれており
独特の重苦しい世界観にどっぷり浸ってしまいました

20130206_2.jpg

現在はフィオネ・シルヴァリアのルートを進行中
規則に忠実で自身の職務に絶対の誇りを持つ
いわゆる委員長キャラなフィオネ隊長
そんなフィオネがカイム(主人公)との信頼関係を築くにつれ
次第に内面から変わってゆく姿がなんともいえません

20130210_1.jpg

元々面白いと高評価を得ていた本作ですが
(だからやりたくなったわけだが)
自分でやり始めてみて納得
面白いですね!

20130211_1.jpg

| 穢翼のユースティア | 00:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

穢翼のユースティア

いつまでも何かに取り憑かれたようにケリ姫スイーツだけ黙々とやるわけにはいかないのですよ(いきなりどうした)

実は昨日ゲーム1本発送されてます
今日発売のゲームではないんですけどね
まぁ、それは届いてから書くとして‥‥‥


20130128_11.jpg
突然ノベル系アドベンチャーを読みたくなったので
積んであった 穢翼のユースティア を始めてみました


20130124_2.jpg
うわー いいすね、この中世ヨーロッパっぽい世界観
たまに軽いジョークは飛び出すものの、コミカルな要素は一切なし
暗くて埃っぽくてスラムのような場所で暮らす人々の雰囲気が良いですね
BGMも落ち着いた感じのものが多く
各キャラの話し方も落ち着いていてこれまた良い感じです
もちろん主人公を含めてフルボイスです


20130128_1.jpg
一応これ、18禁作品です
まだ序盤ですが、そういうシーンは物語の進行上、普通に出てきてます
でも、それが目的のゲームとは違いますね
とても暗くて重くてシリアスでたくさん人が死ぬ物語なので違和感無く絡んでくる感じ
とは言うものの、さすがにそういうシーンはここには貼れません
ごめんなさいw


| 穢翼のユースティア | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。