倖せのかたち

ゲームを中心とした趣味日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

428 -封鎖された渋谷で-

気が付いたら12日間も更新が滞ってました。
仕事から帰宅してPCの電源すら入れなかった日が多いのも原因です。
あと、ほとんど昼間にTwitterで済ませてしまっているのも原因です。
あくまでブログをメインとしてTwitterを利用できればいいのですけどねー。
Twitterの気軽さと便利さで満足できちゃってる自分がいます。


さて、もう数日前の話になりますが 428 -封鎖された渋谷で- 終わりました。

cap-20100117-122504.jpg

正確には終わったというより、自分で区切りを付けて終わらせたという方が正しいです。
本編真エンドの後、ボーナスシナリオの白い栞と黒い栞まで終わらせました。
その他にもまだ隠しシナリオや金の栞や虹の栞もあるそうです……。

cap-20100117-124509.jpg

最初は全く接点のない赤の他人の5人。
とある誘拐事件をきっかけに、間接的あるいは直接的に関係を持つようになります。
午前10:00から午後20:00までの物語で、1時間を一区切り(1章として)として進行します。
流れや見せ方が 24 -TWENTY FOUR- と似ていて、終始ハラハラドキドキの展開でした。
ちなみに製作者が 24 -TWENTY FOUR- のような作品に憧れていたそうです。


ボーナスシナリオの白の栞も短編ながら面白かったです。

cap-20100117-123519.jpg

この 春の風、鳴らない鈴 は、ちょっとウルウルしてしまいました……。

cap-20100117-123401.jpg


黒の栞は一転してアニメ画となります。

cap-20100117-123153.jpg

この黒の栞はシナリオライターで小説家の 奈須きのこ 節が炸裂しています。
奈須きのこ の書くお話には独特な雰囲気があるので賛否両論みたいですね。
ちなみに私は楽しめました。



総じてこの 428 -封鎖された渋谷で- は楽しめた作品だと思います。
個人的には11eyes CrossOverやシュタインズゲートには及ばないものの、
元々アドベンチャーというジャンルが大好きな事もあり大変満足です。

関連記事
スポンサーサイト

| PlayStation3その他 | 16:46 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2017/08/09 03:09 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://alfes1225.blog58.fc2.com/tb.php/156-c6cd729a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。