倖せのかたち

ゲームを中心とした趣味日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

君が通り過ぎたあとに

THE ALFEE名曲集と題して、私が好きな曲を1曲ずつ勝手に紹介するコーナーが始まりました(ぇ

ファンになった23年前から現在まで変わらぬ情熱でALFEEと共に歩んできました。
辛いときも楽しいときも常に一緒だったALFEEの3人。
私にとっては青春のすべてだったと思えます。

ALFEEの曲なんて全然知らない人は「こんな曲があったんだ」とか思って聴いてもらえると嬉しいです。
最近はちょっとアレですが、全盛期のALFEEの曲はどれも神懸っていて素敵な曲ばかりでした。
私を育てた曲達、私のルーツを1曲ずつご紹介していこうと思います。



第1回目にご紹介する曲は
君が通り過ぎたあとに-DON'T PASS ME BY- という曲。
恋をしたときは、いつもこの曲を聴いてました。
高見沢俊彦の囁くような甘い声が心に沁みます。
現在はもうこの質の声は出すことが出来ないんですよね…
ちなみに劇場版「タッチ3 君が通り過ぎたあとに」の主題歌です。

※動画は音声のみなので、下記の歌詞を見ながら聴いてね

君が通り過ぎたあとに



君が通り過ぎたあとに-DON'T PASS ME BY-
作詞・作曲:高見沢俊彦/THE ALFEE 編曲
ストリング・アレンジ:青木 望

君のあどけない横顔
遠く感じる時がある
そっと優しく口づけても
悲しみが降り積もる

だけど涙があふれても
いつも僕はそばにいるから
もしも道に迷う夜なら
道標はこの愛

君が通り過ぎたあとに
何が残るだろう
たとえ今 言えなくても
きっといつかは…

※せつない夜を越えて
君にめぐり逢う
それだけに生きてきた
哀しいほどに好きと
囁いてみたい
Please, Don't pass me by

果てしない海に小舟を浮かべ
二人漕ぎ出した愛だったね
穏やかな優しさに包まれて
荒波乗り越えてきた

君が通り過ぎたあとに
何が残るだろう
もしもいつか振り向いた時
きっと僕だけは…

青い追憶の中
きらめく想い出
誰もが愛をめざす
夢の旅人たちよ
急がないでくれ
Please, Don't pass me by

※Repeat


関連記事
スポンサーサイト

| THE ALFEE | 00:48 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いいですねぇ~時代を感じますね~
まだ今みたいになる前の日本の雰囲気とか、
まだ男女の関係に「理想郷」と言えるような物があって
それがごく自然にポップソングになりえた時代ですね。
(↑上手く言えてないかも・・・)

今の日本のポップ歌手には絶対に歌えないでしょうね。
僕はけっこう前から浜田省吾さんの歌は好きで聴いてますが、
あれも90年代中期までの日本の雰囲気が感じられて
なつかしい気分です。

おかしな表現かもしれませんが、
ポピュラー音楽ってのは決して音楽だけを聴いているわけではないから
前時代の曲であっても風化することなく聴けるのだと思いました。

| hats89 | 2009/12/08 14:10 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/12/08 18:07 | |

■■はっとさん
音楽ってその時代を現してますよね。
アルフィーの曲も昔と今とではメッセージがまったく違いますし。
でも確かに昔の歌詞って変に飾らなくて素直でストレートで、だからこそ聴く人の心に真っ直ぐ届いたような気がします。
今の時代の曲もまた良いんですけどね(笑)

いつかこのコーナーではっとさんに気に入ってもらえる曲を紹介できたらいいなって思いながら次回も宜しく!

| アル | 2009/12/08 21:45 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://alfes1225.blog58.fc2.com/tb.php/141-40cb4c26

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。