倖せのかたち

ゲームを中心とした趣味日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

科学は好きですか?

もしもタイムトラベルが可能だと仮定して、例えば1年前の同じ座標に局所場指定をして飛んだ場合、テレビや映画などでは1年前の地球上の同じ場所に到着するのがセオリーですが、実際にはありえない事で、宇宙空間に放っぽり出されてしまうそうです。

地球は自転・公転をしており、常にコマのように高速で回転しながら秒速約29.8km、時速約10万7280kmという速さで太陽の周りを周っています。
更に太陽系は天の川銀河に属しており、天の川銀河は渦巻状をしていることから中心を軸に回転していると思われ、更に天の川銀河は40以上の銀河で構成される局部銀河群に属することから、我々の地球は想像もできない速度で宇宙空間を移動している事がわかります。

つまり広大な宇宙空間から、1年前の○月○日○時○分○秒○○の地球の場所を、地球の超高速移動に合わせた途方もない超計算により割り出し、タイムトラベル先の局所場指定をしなければならない。
数秒の計算違いで宇宙空間であり、コンマ何秒のズレでも地の底だったり深海だったり上空だったり、あるいはコンクリートの中かもしれません。


なんて、
これまで生きてきて、ここまで深く考えた事も無かったのですが、確かに言われてみればそういう理論が成り立つよな…と、現在絶賛プレイ中のシュタインズゲートでお勉強させられてます。
その他にもタイムマシンの理論やタイムパラドックス理論など科学好きには最高なゲームですね。

タイムパラドックスとはタイムトラベルに伴う矛盾や変化のことであり、代表的な事柄を挙げると、タイムトラベラーが過去に戻って自分が生まれる前の親を殺す。するとタイムトラベラーは生まれないはずであるが、生まれないタイムトラベラーは親を殺せない。よって親は生き残り、タイムトラベラーは生まれる。そのタイムトラベラーには成長すると過去に戻って自分が生まれる前の親を殺す。(以下最初に戻る)



このシュタインズゲート、仕事中もついつい先の展開を自分なりに予想し続けていたり、上記したような科学的なことを考え込んだ挙句、頭の中がこんがらがってきたり……仕事に影響でまくってます。

ゲームの進行状況としては現在第5章の途中です。
これ何章まであるんですかね。9章?
まだクリアしてないのであまり大きな事は言えませんが、かなり面白いですよこれ。

私を含め科学好きな人にはたまらないと思います。
逆に科学的な理論を聞いていると頭が痛くなる人には辛いかもしれませんけども。

ちなみに、女の子が複数人登場するアドベンチャーゲームですが、前作カオスヘッドノアと同様に恋愛要素はなく、リアルでシリアスなサスペンスストーリーです。
ジャンルでいうと『想定科学アドベンチャー』となります。
カオスヘッドノアはグロい描写やグロい文章でZ指定でしたが、シュタインズゲートはCです。
しかしCとはいえ、主人公達がやろうとしている事があまりにもスケールが大きく危険な行為なために、夢を抱かせてくれる以上に不安を感じさせてくれ、見ていて少し怖いです。
そんなハラハラドキドキが面白いところなんですけどね(笑)
関連記事
スポンサーサイト

| Xbox360 | 02:28 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

タイムトラベルで自転公転の話は学生の頃に考えてたな~
先生が、理論上は可能だと授業中に言い出したから色々考えてましたw
そんな私は、現在科学ではなく化学に属しております。

| BIRD | 2009/10/21 07:38 | URL | ≫ EDIT

大学で「時間」についてあれこれやっていたのもあって、シュタゲ、楽しくて仕方ないです。
しっかし、小難しい理論やら何やらを見事に物語に落とし込んでいてすごいですよねー。二周目なのにじっくり読んじゃうw

| らんぶーたん | 2009/10/21 13:40 | URL | ≫ EDIT

■■ばーどさん
シュタインズゲートはばーどさん好みだと思いますよ~。
カオスヘッドのようなアニメアニメしたキャラデザインではないので取っ付きやすいとも思います。
機会があったら是非ぜ~ひプレイしてみてね。
ばーどさんの仕事って化学?工学じゃなくて?

■■らんぶーたんさん
ほんと面白いよね、ショタ・イン・ザ・ゲート
…いや、シュタインズゲートw
想定科学アドベンチャーというだけあって、現在想定されている科学ですべてつじつまが合うように作られているのが、きっとうちらのツボにハマっているんだろうね。
「未知の○○エネルギーがなんらかの作用を起こした」というSFによくあるファンタジー的なまとめ方をしていないところが素晴らしい!

| アル | 2009/10/21 20:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://alfes1225.blog58.fc2.com/tb.php/113-3c90c612

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。