倖せのかたち

ゲームを中心とした趣味日記

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ユースティア 完

穢翼のユースティア 終わりました

始めたのが1月31日だったので約40日間やっていた事になります
1日のプレイ時間は30分だったり1時間だったり
毎日少しずつ進めていたので結構日数がかかってしまいました
総プレイ時間の表示がないのでわかりませんが
たぶん音声スキップなしで4~50時間くらいのボリュームだったのかな?

20130308_3.jpg

一言で言えば、凄く面白かったです
最近ADVといえば学園物が定番だったので
ダークファンタジーという世界観はとても新鮮に楽しめました
気が付けば、この世界にどっぷり浸かっていましたね

20130309_1.jpg

ノーヴァス・アイテルという王国を舞台にした超長編映画という感じで
500年に亘る王国の歴史のひとつの終焉を観せてもらいました

20130310_2.jpg

テーマとしては
終始、生きる意味とか生まれてきた意味を説いてた気がします
世の中には「出来る」事と「出来ない」事がある
そして「する」事と「しない」事がある
似ているようでまるで意味が違う
最後は自分と照らし合わせて考えさせられました

20130310_3.jpg

誰もが幸せなハッピーエンドとは成りませんでした
でもこれで良かったのかな、とも思えます

20130310_5.jpg

素晴らしい物語をありがとう
今は、そんな気持ちでいっぱいです


20130310_4.jpg
やはりエンディング後にタイトル画面CGが変わりました
これで本当に最後ですね

スポンサーサイト

| 穢翼のユースティア | 19:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ティアルートへ

ユースティアルート進行中


20130306_1.jpg

このゲームのタイトル名にもなっているキャラですし
物語の真の結末を描くルートでもあります
シュタインズゲートで言うと、境界面上のシュタインズゲート的な感じ

20130308_1.jpg

最後までプレイしてみない事には何とも言えませんが
これまでの各個別エンドはどれも一応ハッピーエンドでした
でも、最後はちょっと悲しい結末になりそうな予感がしてます
ティアには幸せになって欲しいんですけどね

それがこの物語の正史だというなら、受け止めるだけです

20130308_2.jpg

| 穢翼のユースティア | 00:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リシアルート終了

20130303_3.jpg
王城からの景色は素晴らしい・・・・

というわけで、リシアルート終了です



後半は戦闘シーンが盛り沢山
ジェットコースターのような息も吐かせぬ怒涛の展開でした

20130303_5.jpg

20130303_6.jpg

20130304_2.jpg

20130304_3.jpg

20130304_5.jpg

20130304_6.jpg

20130304_9.jpg
7枚連続で貼り付けてしまいましたが
凄く熱くなる展開で途中鳥肌が立つ場面もありました



次はいよいよユースティアエンド
長かったこの物語も結末を迎えます

このノーヴァス・アイテルという世界にもっと浸っていたい・・・・
そんな風に、終わってしまうのがちょっと寂しくもありますね
それだけ私にとって魅力的な世界観なのだろうと思います

20130304_10.jpg
そして恒例のタイトルCGが変化
これで最後なのかな?
それともユースティアエンド後に最後の1枚でも来るのでしょうか

| 穢翼のユースティア | 01:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リシアルートへ

20130302_1.jpg

20130302_2.jpg

20130303_1.jpg

舞台は王城へ

主人公カイムも政治を執り行う貴族の補佐官となり立場や生活も激変

実験施設の謎
浮遊大陸の謎
羽の生えた人間の真実

核心へ向けて物語が加速し始めました


そしてカイムは、驚くべき真実を知ることに・・・・

20130303_2.jpg

| 穢翼のユースティア | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コレットとラヴィ

コレットルート終了しました

いや、正確にはコレットとラヴィリアの2人のルート終了ですね
この2人はそれぞれきちんとエンディングが用意されてますが
2人セットで1つのルートのような感じでした

20130301_1.jpg

なんというか・・・・・最後の方はかなりヘヴィでした
読んでいてちょっと疲れるくらい

聖女の存在理由とか・・・不条理だ
不条理すぎる

20130301_2.jpg

浮遊大陸ノーヴァス・アイテルの謎
天使とは・・・・
物語も核心へ向けて動き出しております

主人公の置かれている環境も立場も大きく変動しました
とても身近な大切な人も死んでしまいました
絶大な信頼関係で結ばれていた親友とも別れてしまいました

20130301_4.jpg

個別ルートの最後では
各ヒロインと結ばれてハッピーエンドとなっているわけですが
その個別ルートを全てスルーして正史(真エンド)へ向かう1本の道では
大切なものをどんどん失い孤独になってゆく主人公のカイムがいます

20130301_3.jpg
またもやタイトル画面のCGが変わりました
もはや恒例(?)となってます

| 穢翼のユースティア | 00:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コレットルートへ

穢翼のユースティアです

現在はコレットルートを進行中


舞台となっているノーヴァス・アイテルという王国
実は空に浮かぶ浮遊大陸だったりします
20130226_1.jpg

主人公のカイムが暮らしていた牢獄という地区
その上にある下層という地区
更にその上にある上層という地区
ノーヴァス・アイテルはこれら3つの地区で構成されてます

十年前までは元々牢獄と下層は同じでした
それが大崩落(グラン・フォルテ)によって分かれたのです
って、この辺の説明はめんどくさいのでココでも読んでください(ぉぃ)

20130225_1.jpg
で、コレットルートでは上層を中心にお話が展開します
牢獄とは違い貴族達が暮らす地区だけに、とても綺麗なエリアですね


20130224_1.jpg
最初、コレットって誰?と思っていたのですが
天使へ祈りを捧げる事によりノーヴァス・アイテルを浮かしている
・・・・と信じられている、第29代聖女イレーヌ様の事でした
本名、コレット・アナスタシアというらしい


20130224_2.jpg
物語が進むにつれ、色々と真実が見えてきております
最初はそうでもなかったのですが、今では先が気になって仕方がない
どこまでも重苦しく不条理なお話ですが、かなり面白いです


20130228_1.jpg

| 穢翼のユースティア | 00:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エリスルート終了

20130223_1.jpg

20130223_2.jpg

エリス・フローラリア ルート終了です

このエリスルート
かなり暗くて重くて鬱な展開だったのですけど
最後はまぁ、結婚して子供まで出来ちゃって
幸せいっぱい胸いっぱいな感じで終わりました

20130222_1.jpg

20130221_2.jpg

これでまたエリスルートへの分岐から再開
前回のフィオネの時もそうでしたが
今度はエリスを遠ざける選択肢を選ばなければなりません
そしてメインストーリーを進めることになります

次は・・・・コレット?誰?
そんな人、聞いたこともないし知りませんけど

そういえば、タイトル画面のCGがまた変わりました
個別ルートをクリアする度に切り替わっていくのでしょうか

20130221_1.jpg

| 穢翼のユースティア | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。